ガッカリレコード10

不定期更新、年明けガッカリ一発目!

2007年後半はめっきりハズシはナシ。
ハズシと言えば盤質がありえないくらい悪いくらい。

聴かないレコードはダンボールに封印して押入れへポアしたので、
ガッカリレコードを探すのは重労働。

今回もイルマティックな観点でご紹介。

Mighty Gospel Giants - Let There Be Peace

Mighty Gospel Giants – Let There Be Peace

ガッカリの定番ゴスペルもの。
人気盤で言うと人間発電所ネタとしても有名な
King James Versionなんかは一応ゴスペルものだったりする。

そんな夢を抱いてゴスペルものをついつい買ってしまったりする。
この盤は昔、King James Versionと一緒にゴスペルまとめ買いした一枚。

まずゴスペルグループなのに、
マイティーとかジャイアンツとかつけちゃうネーミングセンスを疑う。
ムキムキなのかな、ノドが。

ジャケのど真ん中にピースマークってのも宗教っぽくてヨクナイ。

肝心の曲の方はマイティーと名乗るだけあって意外にもファンキー。
ただ、ゼロかと思ったらイチだったレベルだから
もちろん使い道は全くないんだけど。

何が驚いたって、この髪質で七三分け。
分け目なのかラインなのか。
それとも寝癖なのか。

2008年になったけどまだ時代は彼に追いついていない。
裏ジャケでもダブルのジャケットをタイトなPコート風にアレンジ。

あぁ、なんでこれ買っちゃったんだろ。
2008年はゴスペルものは買いません!と書初めして、
和やかに、穏やかに、煌びやかに封印。

ガッカリレコード9

今日のガッカリ。
前回の反省を生かして冒険はしばしおあずけ。

日ハムの野球ばりに手堅く買ってたはずなのに・・・
それでもあるまじき思わぬ落とし穴が。

Lord Finesse - Yes You May Remix

Lord Finesse – Yes You May Remix

曲についてはもはや説明不要。
文句なしのクラシック。
今更なに買ってんの?と思われがちだけど、
この盤はアカペラ収録!
声ネタで使うんだよ~

写真の通りセンターレーベルには、
1.Main 2.Instrumental 3.Accapella
の確かな文字が。

届いてみて盤を見ると,
A-SIDEのYou Know What I’m Abou Itには大きな溝が2つ。
B-SIDEには大きな溝が1つ・・・・

・・・・・

やられた!
Yes You Mayのアカペラが入ってねぇ!
センターレーベルにアカペラって書いてるのにS・A・G・I・S・A・G・I!

Myspaceでロードフィネスにクレームをつける夢を見つつ、
Art Of Digginの如くフィネスの「you know?」連呼にうなされて封印。

ガッカリレコード8

今日のガッカリ。
最近は外国から買うとき中古盤でも試聴できるところが多い。
だからハズすワケないんだよね。
もうガッカリなんて雑魚キャラみたいなことはしないね!
なんて思ってた。

でも刺激が欲しくてついつい手を出してしまった・・・
もちろんマイナーレーベルもの。

Solstice - S/T

Solstice – S/T

他のLPがまぁまぁ良いらしいという情報を入手。
違うタイトルのこのLPを見つけてしまった。
入ってる曲も書いてない、ジャンルはPOPと記載。
これは危険だ!と言い聞かせながら1分後に購入すること1週間前。
そして本日到着。
すっかり買ったことすら忘れてた。
曲名を見てみると「Just The Way You Are」のカバーが。
他にもカバー曲があって否応なしに期待感が高まる。

早速開封、針を落とすも耳を疑った。
合唱団かよ!?
全然歌に集中できねぇ!
バックの演奏も有線のインストか!?
ぬるい、ぬる過ぎる。
時速320kmで粉砕したい、そんな気分。

自分の不甲斐なさと忍耐力のなさにうなだれ、
もはや棚ではなくダンボールへ封印。

ガッカリレコード7

今日のガッカリ。
最近大きくハズしてないんで忘れてた。
今日もマイナーものから。

Grand Funk - Shinin\' On

Grand Funk – Shinin’ On

名前のFUNKとは名ばかり。
ジャケから想像できる通りやっぱりRock。
わかっちゃいたんだけど・・・
そんなジャケは赤と青の眼鏡をかけたら飛び出す感じ。
肝心の内容はとにかく音が薄い!
まれに見るペラペラ。
ドラムブレイクも全く使い物にならない。
これがマイナーものの恐いところ。
二度と遭遇しないように目をつぶって棚へ封印。

ガッカリレコード6

今日のガッカリ。
ガッカリしたレコードがどこにあるのか思い出せない。
当たり前か。

Jimmy Sabater - Mind Blowing Decision

Jimmy Sabater – Mind Blowing Decision

Nice&Smoothでおなじみのこの曲。
ラテンカバー。
原曲には及ばないけどなかなか良い。
使い勝手はいかんせん悪いけど。
何がガッカリしたって盤が超臭い。
ウンコ臭いんだよ。
夏場なんて地獄へ直行乗り継ぎなしだね。
ウンコに金払ってどーすんだって。
普段使わないビニールカバーで包んでさりげなく封印。

ガッカリレコード5

今日のガッカリ。
体調絶不調中につきこんな盤でも。

Teresa Carpio - The Magic Of Teresa Carpio

杜 麗莎 – S/T

お前こんなのに期待してんじゃねーよと思った人。
そもそも買うなよA・H・O!!と思った人。
侮るなかれ。
英語にすると、
Teresa Carpio – The Magic Of Teresa Carpio

他のアルバムではナイスカバー連発の彼女。
このアルバムには英語タイトルが2曲!
どう見てもカバーじゃない。
あとはおそらく広東語。
ここでMagic炸裂か!?
嫌な予感はしつつも聴いてみると見事な80’sサウンド。
ガチャガチャうるせー
冷静に考えてみればジャケでアウトだな。
香港へ永田式敬礼をしつつ封印。

ガッカリレコード4

今日のガッカリ。
今回のガッカリはいつもの違う視点で。

Brenda & Linda - The Branches Of Faith

Brenda & Linda – The Branches Of Faith

またやっちゃったマイナーゴスペルもの。
10回に1回くらいは当たるんだけど。
で、コレ内容は中の下の上くらい。
でもね、なんかジャケ見るとイライラすんだよね。

breandalinda2

新宿二丁目じゃねえんだよ!
高い送料払ってんだよ!
あえて画像は縮小処理せず。
調子に乗った自分に反省して、そして封印。

ガッカリレコード3

今日のガッカリ。
同じアーティストでアルバムにこれだけ差があるってのも。
落差が大きければ大きいほど傷も深い。

S.O.S. - Fever

S.O.S. – Fever

コメントには確かにSociety Of Sevenって書いてあったんだけど。
ハワイ産フリーソウルの名盤で同じみの。
ところがコレは屁の突っ張りにもならないハワイアンミュージック。
1曲目から別の意味で飛ばされた。
何がフィーバーなんだか。
そして封印。

ガッカリレコード2

今日のガッカリ。
カバーモノを外すと傷が深い。

The Undisputed Truth - California Soul

The Undisputed Truth – California Soul

聴けないレベルじゃない。
けど全然盛り上がらないまま終わってく。
この曲カバーしてコレはない。
合コンにレースクイーンが来て、
「お前が!?嘘だろ!?」の時と同じ感覚。
レースクイーンと合コンしたことありませんが。
California Soulが好きなだけに残念。
何より外国から買った際に、
オリジナルって言ってたくせに届いたらどう見てもリプレス。
まぁどっちでもいいんだけど封印。

ガッカリレコード1

期待して買ったらシラフじゃ聴けない盤だった。
即レコード棚へ封印or友達に着払いで送りつける。
そんな思い出の一枚を皆さんへ情報共有。

まずはコレ。
マイナーモノは宝くじ感覚で。

Peggy & JoJo - Nothing Can Stand In Our Way

Peggy & JoJo – Nothing Can Stand In Our Way

やっちゃったマイナーソウル。
ジャケに年代が書いてないから勝手に70’sと解釈。
冷静にジャケを見れば80’sってわかったはず。
デュエットとマイナーって言葉に釣られてうっかり購入。
聴いたらモロ打ち込みのクロスカウンター。
あと8歳くらい若かったら聴けたかな。
まぁ言うほど悪くありません、絶対聴かないけど。
やんわりと封印。